アフターピルで避妊失敗

緊急避妊薬のアフターピルは性行為後12時間以内に服用することで妊娠する率を0.5%にとどめる優れた避妊薬です。しかし、中には服用方法を間違え妊娠してしまうケースや副作用を受ける方も大勢いらっしゃいますので正しい服用方法を学びましょう!

アフターピルは検査が必要ない薬通販サイトでも購入可能

昨今では昔と比べて、非常に男女間での性交渉が盛んに行われるようになってきていますが、その割に男女とも避妊についての知識が貧しいという現実があります。また、日本ではまだまだ性に関して偏見があったり閉鎖的な考えがあったりと、諸外国に比べて環境や考え方などが遅れている傾向にあります。こうした中で昨今の若者は性交渉を行い、誤って妊娠しても正しい対処を行えず中絶や出産に至ります。
例えばコンドームについてですが、使用すれば100%避妊できると認識している人もいるようですがコンドームの避妊率は100%ではありません。むしろ性交渉をする以上100%妊娠しないということはありません。しかし限りなく100%に近づけることはできます。その方法がアフターピルです。
アフターピルとは避妊薬の一種で、性交渉後に服用することで精子の着床を妨げる効果があります。このアフターピルは比較的広く知られてはいますがあまり正しくは認識されておらず、また、使用に関してもやはり偏見を持たれることが多いようです。産婦人科で処方されていて、処方の際に検査が行われるか心配をする人が多いようですが特別な検査は特に必要ありません。別の症状等の訴えがある場合にはその件で検査はあるかもしれませんが、アフターピルは薬通販サイトでも販売されている薬ですので心配は無用でしょう。
また、薬通販サイトで購入した方が産婦人科で処方されるよりも安く入手できることもあります。しかしアフターピルにも複数種類があり効果の強弱や副作用も懸念されます。薬通販サイトで購入する場合、まずは産婦人科で相談をしてみた方が良いでしょう。加えて、アフターピルは生理痛の軽減やニキビ対策としても服用されています。服用の目的は人それぞれですので、産婦人科では使用目的を明確に伝えることを忘れないように注意が必要です。