アフターピルで避妊失敗

緊急避妊薬のアフターピルは性行為後12時間以内に服用することで妊娠する率を0.5%にとどめる優れた避妊薬です。しかし、中には服用方法を間違え妊娠してしまうケースや副作用を受ける方も大勢いらっしゃいますので正しい服用方法を学びましょう!

風俗勤務とアフターピルのラテックスによる避妊方法

ラテックスはゴム手袋やコンドームなどに使用されている素材ですが、研究機関などでも普及が進んでいるので、ラテックス製のゴム手袋によるアレルギーなどが問題となっています。風俗勤務の女性の場合にはコンドームがラテックス製の可能性があるのでアレルギーの場合には他の素材でできたコンドームの装着をする必要があります。風俗勤務において女性に膣内射精をすることはありませんが、コンドームの破損などがある場合には緊急避妊を必要とするのでアフターピルを服用しなければなりません。新宿などの場合には駅周辺に風俗勤務の女性が通院しやすい病院がありますが、ない場合には救急医療機関などでもアフターピルの処方を受けることができます。アフターピルは性交後なるべく早い時間に服用することが重要で、72時間以上経過してしまうと効果がなくなります。基本的には24時間以内ならばほとんどの場合は緊急避妊が成功するのですが、20人に1人の割合で避妊が失敗するのでその場合には他の対処が必要となるので、婦人科を受診してカウンセリングなどを受けてからアフターピルの処方を受けることが望ましいとされています。風俗勤務をする場合には性感染症にかかる割合が非常に高いのでコンドームは必要不可欠なものですが、破れてしまうと膣内に精子が入ってしまうので、妊娠をする可能性があります。アフターピルは1回の服用で効果があるので医療機関では1錠だけしか処方されることはないので、4時間以内に嘔吐をしてしまうともう一度処方を受けて服用しなければならなくなります。普段から吐き気や頭痛が多い体質の女性は医師に申し出て頭痛薬や吐き気止めの薬を同時に処方してもらうと不快な症状を軽減することができます。