アフターピルで避妊失敗

緊急避妊薬のアフターピルは性行為後12時間以内に服用することで妊娠する率を0.5%にとどめる優れた避妊薬です。しかし、中には服用方法を間違え妊娠してしまうケースや副作用を受ける方も大勢いらっしゃいますので正しい服用方法を学びましょう!

アフターピルと月経前症候群の予防と心房細動

心房細動は心臓の動きが不規則になる病気で脳梗塞などのリスクを高めるので早めに医療機関を受診して治療をしなければならないのですが、原因として考えられているものはアルコールや過労、ストレスなどなので、心房細動を防ぐためには規則正しい生活をおくることが大切で、不整脈などが起きた場合には早めにかかりつけ医に相談をして心房細動による心不全などのリスクを減らさなければなりません。アフターピルは月経前症候群を予防するためには処方されないので、月経前症候群を治療するためには低用量ピルを処方してもらう必要があります。アフターピルは緊急避妊をする場合にのみ処方される薬なので月経過多や月経前症候群を予防するためには低用量ピルを継続的に服用しなければなりません。アフターピルが継続的に服用できない理由としては黄体ホルモンを増加させる作用が大きいことで、黄体ホルモンは子宮を妊娠状態にするので一時的ならば問題ありませんが、何度も服用するとホルモンバランスが乱れてしまって副作用が起きやすくなります。また女性の場合は健康な状態が良好でも男性に比べると血栓ができるリスクが高いので、それに加えてアフターピルを服用してしまうと血栓症のリスクが健常者よりも格段に高くなります。また喫煙者がアフターピルを服用すると血栓症のリスクが5倍になるので水分摂取に気をつけて、初期症状が出た場合にはすぐに医療機関を受診できるように日頃から準備をしておく必要があります。低用量ピルは比較的安全性が高いとされていますが、血栓症のリスクは高まるので定期的に血液検査をして血液の状態を確認したり、血栓の有無を調べることが必要になるので、女性専門のクリニックや婦人科を受診する必要があります。