アフターピルで避妊失敗

アフターピルで避妊失敗

緊急避妊薬のアフターピルは性行為後12時間以内に服用することで妊娠する率を0.5%にとどめる優れた避妊薬です。しかし、中には服用方法を間違え妊娠してしまうケースや副作用を受ける方も大勢いらっしゃいますので正しい服用方法を学びましょう!

アフターピルで避妊を失敗する原因

アフターピルはセックスの際に避妊に失敗したり、最初から避妊せずにセックスを行った場合、妊娠を回避するために服用する緊急避妊薬です。
基本的には72時間以内に服用すれば高い確率で妊娠しないで済みますが、場合によってはアフターピルを服用していても妊娠する可能性があるので注意が必要です。
アフターピルを服用しているにもかかわらず妊娠してしまう原因としては次のことが考えられます。
まず、72時間以上経ってからの服用の場合には、避妊効果が期待できず妊娠する可能性があります。
その他、副作用として起こる嘔吐で薬を吐いてしまった場合には、薬の効果が薄まってしまうので再度服用する必要があります。
吐かないように予め婦人科で吐き気止めをもらっておくか、市販の車酔い用の吐き気止めでも良いでしょう。
また、始めの服用から12時間後に2回目の服用をしますが、その2回目を飲み忘れると妊娠してしまうことがあります。
1回目の服用で妊娠を回避する環境が体内で作られていたのに2回目を飲むのを忘れたことでそのバランスを崩してしまうことで妊娠してしまうことがあります。
忘れやすい人は、一度の服用で住むアフターピルもありますのでそういった薬をおすすめします。
ちなみに、アルコールとアフターピルの摂取はあまり関係ないとされていますが、過剰摂取によって起こる下痢や嘔吐などで薬の成分が出てしまうと避妊効果がなくなってしまうこともあるので注意しましょう。
アフターピルを服用すると、数日か長くて3週間以内に消退出血というのが見られそれが妊娠を回避できた証拠となりますが、消退出血が出たからといってその後避妊せずにまたセックスすると妊娠してしまうことがありますので、次の生理が来るまでの期間はセックスをしないか、あるいは必ず確実に避妊してからセックスするようにしましょう。

アフターピルの服用方法と服用時間

アフターピルは、避妊を失敗した場合に緊急避難的に服用することにより、妊娠を回避することが出来るという医薬品のことを指します。
アフターピルには、2つのタイプがあり、それぞれ服用方法や用量に違いがありますので、服用の前にはしっかりと確認し、正しい方法で服用することが大切になります。
いずれのタイプでも性交渉後72時間以内に服用することが求められます。
この時間を過ぎて服用した場合には、思ったような避妊効果を得ることが出来ない可能性があります。
まず、プラノバールというアフターピルの場合、性交渉後72時間以内に2錠を服用し、その12時間後に再度2錠服用します。つまり、合計4錠を服用するようにします。
プラノバールのメリットとしては、もう一方のタイプに比べて安価に購入することが出来るということがあります。
ただし、2回服用する必要があるというデメリットがあります。
もし、2回目の服用時間が深夜になるような場合であれば、最初の服用時間を少しずらすようにしましょう。
2回目の服用を忘れないように注意が必要です。
もう1つのタイプが、ノルレボです。これは、プラノバール同様、性交渉後72時間以内に服用します。2錠を服用するというところまではプラノバールと一緒ですが、12時間後に再度服用する必要はなく、1度の服用で効果を得ることが出来ます。
服用回数が1回で済みますので、飲み忘れの心配がないというメリットがあります。
アフターピルの服用後には、吐き気や嘔吐、下痢などの副作用が出る場合があります。
アフターピルを服用後2時間以内に嘔吐があった場合には、再度ピルを服用する必要があります。空腹時を避けて服用することで、吐き気を軽減させることが出来ると言われています。

アフターピルは通販サイトの利用で購入

異性との性行為をした場合、妊娠の可能性があります。そのため、妊娠を望まない場合には、避妊を行う必要があります。
何らかの事情により避妊を行なうことが出来なかった場合やトラブルに巻き込まれ望まない妊娠をする可能性があるという場合には、アフターピルを服用することにより、妊娠を防ぐことが出来る可能性があります。
アフターピルは、性行為後72時間以内に服用することが効果を得るためには大切になります。
あらかじめアフターピルを取得することが出来ていれば、万が一の事態になっても慌てること無く、アフターピルを服用することが出来ます。
海外では、医師の診察を必要とせず、アフターピルを購入することが出来ますが、日本の場合には医師の診察が必要となります。
病院に行くことが出来ないという場合には、通販サイトを利用することで、手軽にピルを購入することが出来るので、便利です。
海外で販売されているピルを個人輸入という形で、購入するという方法です。
初めて個人輸入をするという人でも、個人輸入代行業者を利用することで、初めての人でも気軽に購入することが出来ます。
なお、医師による処方により購入するよりも、安く購入することが出来る場合があります。
ただし、服用する場合には用法・用量をしっかりと確認するようにします。また、アフターピル服用後には、副作用が生じる可能性があります。あらわれる副作用には、個人差がありますので、注意が必要です。
個人輸入で医薬品を購入するという場合には、常に購入した医薬品が偽物であるという危険性があります。
医薬品の成分検査などを行い、正規品のみを取り扱っている通販サイトを利用するようにしましょう。分からないことがあれば、購入前に確認することが大切です。
■吐き気などでお困りの方
副作用の少ないアフターピル
■アフターピルに頼らず避妊するならこの薬
マーベロン 通販